兵庫県学校図書館協会

兵庫県学校図書館協議会について

兵庫県学校図書館協議会

兵庫県学校図書館協議会(略称 兵庫県SLA)は昭和34年(1959年)6月4日に設立され、現在、兵庫県下の公立小・中・高等学校、義務教育学校、中等教育学校、特別支援学校、私立学校(小・中・高等学校)1,318校(2018年6月現在 併設校は1校と数えます)を会員校として有し、「神戸」「阪神」「丹波」「播磨東」「播磨西」「但馬」「淡路」「私学」の8地区、46支部によって組織・運営しています。 今年度は、主体的・対話的な深い学びの実現に向け、学校図書館の持つ学習・情報センターとしての機能や読書活動の充実について研究・実践を行うこと目的に活動しています。

兵庫県SLAのロゴについて

兵庫県SLAの組織

兵庫県学校図書館協議会(略称:兵庫県SLA)は兵庫県下の公立小・中・高等学校、義務教育学校、中等教育学校、特別支援学校、私立学校(小・中・高等学校)1,318校(2018年6月現在 併設校は1校と数えます)を会員校とし、8地区46支部で構成する組織です。規約によって、会長・副会長・事務局長・理事・支部長・副支部長の役員が選ばれ、総会・理事会の決議を経て、会の運営を行っています。会の事務を行うため事務局が設けられています。公益社団法人全国学校図書館協議会に加盟しています。 兵庫県SLAの組織図

兵庫県SLAの活動

主体的・対話的な深い学びの実現に向け、学校図書館の持つ学習・情報センターとしての機能や読書活動の充実について研究・実践を行うという目的を果たすべく、次のような活動をしています。 1.青少年読書感想文兵庫県コンクール、読書感想画兵庫県コンクールの実施 2.研究・研修事業の実施 3.研究成果物の刊行 4.各種大会への参加 5.広報・啓発活動

TOPへ